エコハウス ecohouse | 自然派リノベーションのエコハウス公式サイト | ecohouse co.ltd

エコハウス fabebookページ
お問合せ電話番号0120-432-520 お問合せ
EcoHouse Reform -エコハウスリフォームとは- Concept -コンセプト-Gallery -施工実績-Owner -お客さまの声-Staff -スタッフ紹介-Step -リフォームの流れ-

お問合せ

  • リノベBOOKプレゼント

おすすめ施工事例

マンションリフォーム
フレンチベトナムの家
マンションリフォーム
最上級に包まれたホテルライクな家
戸建リフォーム
開放感たっぷりのラフな家
戸建てリフォーム
家族とともに歩む家
  • search_icon
  • 中古リノベのしくみ
  • 中古リノベの費用
  • 中古リノベ成功事例

建物が体に与える影響

皆さんは、建物の中にいるとどのように感じますか?

リラックスができたり、眠くなったり、場合によっては具合が悪くなったり・・・と

建物が人に与える影響は良いものばかりではありません。

今日は建物がどんな影響を与えるのかを与えるのかを書いていきます。

まずは、「電磁波」です。

普段私たちが生活する中で、電話やテレビ、パソコン、電子レンジなど広範な電化製品から

発生しており、その発生量は現在も増えています。

問題はそれが、コンクリートの中に組まれた鉄筋のカゴで覆われた住居の中で飛び回っていることです。

私たちは、住居という巨大な電子レンジの中で暮らしているという見方もできます。(反射や共鳴は周波数によります)

調べてみましたが、この問題を詳しく調査した研究は見当たりません。

一部のマスコミでは、電磁波が4mmガウス以下の環境で、小児白血病の発生率が二倍以上になる

という疫学調査の結果が大きく報道されたりもしましたが、国が大々的に発表することはありません。

特に電磁波というのは現代生活に欠かせない、電波、光などのことですから国も簡単には規制できないと

言うのが現状だと思います。例えば海外ではすでに高圧線から1キロ離れてなければ居住できないなどの

規制をしいてるところもあります。

しかし、この狭い日本でそのような規制をすれば、どうなるでしょうか。

電磁波が出ないような方策に巨額のお金を使う必要が生じ、その結果 電気代が上がり、

またそれにより製造コストが上がった全ての製品の値段が上がることに繋がります。

しかし今後電磁波の研究がすすめば、国としても規制をせざるを得ない状況になるのは必須です。

自らの子孫の健康を考え、また企業としても、その存続をかけて電磁波について真剣に考えていく

必要があると思います。

0936a083

 

もう一つは「湿度」。

高湿度な環境が人体に及ぼす影響や対策についてご存じでしょうか。

建築物環境衛生法では、適法湿度を40~70%と定めています。その数値を超える高湿度は、

息苦しさや熱中症など、人体にさまざまな悪影響を及ぼすことが分かっているのです。

湿度が高くなるとカビが発生しやすくなります。カビは湿度が50%以上で繁殖をはじめ、60%を超すと

急激に増殖するのです。カビが私たちの健康に及ぼす影響は大きく、アレルギー疾患や感染症、カビ中毒を

引き起こす可能性があります。アレルギー疾患とはカビの胞子がアレルギーを引き起こすことで、

代表的なものは気管支炎や気管支ぜん息、鼻炎など。「熱はないのに咳(せき)が止まらない」という症状が

現れた場合、カビが原因である可能性もあるのです。感染症の代表的なものは、水虫やタムシなど。

カビが体の組織に取り付くことで起こります。また、カビ中毒とは、カビが作る「カビ毒」が原因となるもの。

細菌によるカビとは異なり、慢性疾患となって現れる場合が多くなっています。

私の実体験で言えば、昔住んでいた賃貸はベランダがなく窓をあけると隣のマンションの入口がまるみえの

状態でした。その為あまり換気も行わなかったのでカビや湿気が多く、1カ月程咳がとまらなくなりカビが原因の

「肺炎」と診断されました。

storage-bed-moisture-680x453

 

このように建物が与える影響は良いものばかりではありません。

ではこのような状態にならない為にはどうすればいいのでしょうか。

続きは次回にて・・・

LINEで送る

EDITOR : ecst0720