お問合せ電話番号0120-432-520お問い合せ・お見積
EcoHouse Reform -エコハウスリフォームとは- Concept -コンセプト-Gallery -施工実績-Owner -お客さまの声-Staff -スタッフ紹介-Step -リフォームの流れ-

節電リフォーム術(4) 遮熱・断熱塗料を塗ろう

こんにちは。柴田です。

今日も暑かったですね~。
汗をいっぱいかいているのに、なかなか痩せない。。。。どうしてなの???

本日は節電リフォーム術第5弾として、遮熱と断熱を兼ね備えた塗料をご紹介したいと思います。

遮熱塗料については各メーカーで様々な商品がございますが、遮熱と断熱の両方の機能を兼ね備えた塗料はあまり多く出回っておりません。
その遮熱・断熱塗料の代表格である日進産業の「ガイナ」について少し話をしようと思います。
ガイナは宇宙ロケットの先端部分に塗る断熱技術を建物の内外塗料として応用し、開発された商品です。
ガイナの中には、非常に特殊で微小なセラミックビーズが含まれていて、このセラミックを塗料化することで優れた遮熱性、断熱性、耐久性、防音性を実現しています。

この優れた遮熱効果及び断熱効果により、光熱費を30%以上削減できるそうです。
しかも耐用年数が15年ですので、

仮に電気代を月平均12,000円くらい使用していたとします。1年で144,000円ですよね。
144,000円(年間電気代) ×30%(光熱費削減率)×15年(耐用年数)=64.8万円

延べ坪30坪程度の戸建住宅の外壁と屋根をガイナで塗装した場合、ガイナと通常のシリコン塗装のイニシャルコストの差が25万だったとしても、6年でその差額は回収でき、40万程度が手元に残ることになります。

外壁塗装及び屋根塗装をご検討されている方は、ぜひこの「ガイナ」を検討されてはいかがでしょうか?

それではまた。

コメントは停止中です。