お問合せ電話番号0120-432-520お問い合せ・お見積
EcoHouse Reform -エコハウスリフォームとは- Concept -コンセプト-Gallery -施工実績-Owner -お客さまの声-Staff -スタッフ紹介-Step -リフォームの流れ-

建物の資産価値を下げない【耐震+制振】という考え方

おはようございます(^O^)/
なんとなくすっきりしない天気ですが、今日も一日がんばっていきましょう♪

ところで耐震補強は、、、、
評点1.5以上で震度6強以上の大地震が来た時、人命を担保できると言われています。
しかし、命は助かったとしても、建物は大なり小なり損傷を受けるでしょう。
注:この評点1.5以上は前提となる建築的な配慮があっての数値です。

新築の品確法では耐震性能が等級1~3まで3段階あり、等級3が建築基準法の1.5倍の耐震性能を持つと言われています。
耐震で品格法の等級3相当を目指すのであれば、評点2.5~3.0程度の補強計画が必要です。
正直、リフォームではさまざまな制約がある為、耐震でその数値を目指すのは現実的でないと言えるでしょう。

そこで耐震に制振(制振装置の取付)をプラスすることで、人命だけでなく、大切な建物の損傷をできるだけ軽減し、建物の資産価値を下げないリフォームが可能となります。
耐震+制振リフォームは建替や新築と比べて、はるかにお値段も手頃です。その浮いた分で自然素材のフローリングにしたり、お気に入りの設備にグレードアップできるでしょう。
中古物件+耐震+制振という考え方も検討されてはいかがでしょうか?

コメントは停止中です。