0120-432-520

受付時間 9:00〜18:00

2022/12/15

ライフスタイルに合った間取り

ライフスタイルに合った間取り

住宅を新築する際に多くの方が頭を悩ませるのが、間取りではないでしょうか。
まず、何から始めたらよいのか、悩んでしまいますよね。

この記事には、そんな間取りを検討中の方のヒントとなる情報が盛り沢山です。

住宅の間取りを考えるために必要なことを紹介しています。

いろいろな間取りの例を知りたいという方も、ぜひ参考にしてください。

間取りはその住宅のプランとも言い、生活のすべてに関わります。
是非、参考にしてみてくださいね。

間取りの重要性

動線は、部屋の中で人がどのように動くのかを表したルートです。
この動線は部屋の間取りを考える際に重要なポイントになります!

図面上では理想的な間取りでも、動線がうまく確保できなければ、家事の効率や移動しやすさなど、
生活しにくい部屋になる可能性があります。

動線をうまく確保すると、
●時短で、家事ラクになる
●移動しやすくなる
●コミュニケーションが取りやすくなる
などのメリットが生まれます。

また、ライフスタイルや年齢層に合わせて動線を確保し、間取りを工夫するのもおすすめです。

家事ラクな間取り

毎日の家事で大変なお母さんに人気なのが、家事ラクの間取り!

回遊動線という言葉をご存じでしょうか?

回遊動線とは、「行き止まりがなく家中をぐるぐる回れる間取り」のことをいいます。
一般的な家では、廊下で繋がった部屋が行き止まりになっているため、スムーズな移動ができないことがありますが、回遊動線を考慮した間取りであれば、引き返すことなく回れるため、効率的な移動ができるようになるのです。

このような間取りにすることで家事がラクになるだけでなく、①移動の手間が省ける ②家の中での渋滞がなくなる ③開放的な家になる など様々な利点があります。

 

 

コミュニケーション重視の間取り

コミュニケーション重視の間取りのポイントはいくつかあります。

たとえば、対面キッチンで会話をしながら料理ができたり、家族みんなで配膳をしたり。

リビング階段で、自然と家族が顔を合わせる機会が多くなったり。

また、階段がリビング内に設置されると、リビングが広く見えるという視覚効果もあります。

ちょっとの工夫で、家族のコミュニケーションが自然ととれる仕組みができます!

家事ラク・風通し改善の間取り事例

風通しの悪さに悩みを抱えていた奥さま。
間取りと動線を意識したリノベーションで、悩みを解決!
キッチンも左右から行き来ができて、移動がラクになりました。

風通しをよくするために、玄関からリビングまでしきりを作らないことがポイント!

寝室からウォークインクローゼットを通ってリビングへ。

左右から行き来できるキッチンで行き来ができて、

 

マンションでも家事ラクな間取り事例

キッチン横のパントリーに収納できて、買い物から帰ってきてからすぐ荷物をしまう。という流れができます。

 

日当たりのよい場所に、室内干しの場所を設けました。

寝室の横にあるウォークインクローゼット。すっきり収納できる間取りです。

造作棚やハンガーパイプがあらかじめ設置してあるので、効率よく衣類を収納できます。

エコハウスに相談する


エコハウスは、女性スタッフが多く、家事ラクや子育てのしやすさなど
女性ならではの悩みを解決するための提案をいたします。

リノベーションで女性が暮らしやすい家に。

女子会のような雰囲気で、気軽に相談できて
たわいもない話からアイデアが湧いてくる♪

是非お気軽にお問い合わせくださいね。

エコハウスへ相談する

人気記事ランキング

アーカイブ