0120-432-520

受付時間 9:00〜18:00

自由をやさしく育むいえ-離れ-

自由をやさしく育むいえ-離れ-

世代交代の為に母屋にご両親が、離れにIさまご夫婦が住む・・・。そんな想いからリノベーションがはじまりました。

離れは築30年の三角屋根が特徴な建物で、天井は板張りで、窓枠も木だったため既存を活かしながら北欧ビンテージのテイストを目指して進んでいきました。

LDKはキッチンが小さめだったため、L字の対面キッチンにすることによって小スペースでも作業スペースを広めに確保することができました。階段下の収納をなくすことで開放的に使い、天井は既存に合わせる形で貼り足しました。ご夫婦とも青がお好きだったため、タイルや床色と合わせてシュミレーションをしてブルーグレー色のキッチンに決まりました。タイルもビンテージ感のある深みのある色で周りと調和がとれました。テレビ裏はお二人のお好きなダークブルーのアクセントクロスを使用しました。北欧ヴィンテージの家具を中心に家具を選ばれていて、早い段階でご相談をしていただいていたのでサイズや色合いをパースに取り込みながら確認して進めることができました。

「共働きだし花粉症もあるので、室内の物干しスペースを作りたい」とのご要望がありました。光と風を取り込める大きいスクエアの窓を取り付けユーティリティとしての空間にしました。
洗面室の入口はR開口にし、ウィリアムモリスのいちご泥棒の輸入クロスを入れました。洗面室タイルはコラベルをお選びいただき、奥さまに色と割合を選んでいただきオーダーで作りました。
玄関から洗面まで一直線で行けることと、洗面室内にWICスペースを作ったことにより、理想的な家事動線を実現することができました。

階段の吹抜け部分には海の中を思わせる輸入クロスをお選びいただきました。側面の壁もブルーにすることにより海の中にいるような面白い空間になりました。

ご主人の趣味部屋は、映画を観たりゲームをしたり、趣味のウィスキーを楽しむために、こもれる部屋として作りました。テレビ背面の造作棚はツーバイ材を使用し、エイジング塗装することによってラフな雰囲気に仕上げました。ウィスキーのボトルを飾る棚はご主人が見つけてくださったイメージ写真を基にご提案させていただきました。照明も調光のものや間接照明を使うことで大人な趣味部屋を演出しています。

仕様決め中にこれから産まれてくるお子さまに対して「自由に育ってほしい」というご夫婦の想いをお聞きしていました。それと同時にご家族の皆さんそれぞれが趣味や楽しみを持っていて、素敵なご家族だなと感じていました。趣味に集中できる空間と、家族みんなで集まれる空間があるこのお家で、ひとりひとりの”自由”を育んでいってほしいと思います。

KEYWORD

DATA

家族構成
ご夫婦+お子さま1人
築年数
30年
間取り
2LDK+水廻り+ユーティリティ
施工面積
93㎡
工期
6か月(母屋・離れ込み)
費用
2500万円(母屋・離れ込み)

この事例のお客様の声を見る

おすすめの施工事例